野球の試合で出る効果音

プロ野球などの野球関連の試合で、中継を見ている時に出る効果音はボールをバットに当てた時の音や観客から湧き出る歓声が多いです。打者がボールを打った時の音に関して、ヒットやホームランであるならば明確にバットに当てた音が聞こえる事が醍醐味です。一方で、内野ゴロや内野フライに打ち取った時には鈍い音が聞こえてきますので、打ち損じている様子が伺えます。私はホームラン性と思える効果音が鳴った時に、すぐにホームランになる事を感じています。デッドボールになる時に、ヘルメットに当たった時の音も聞こえます。
打球が舞い上がって本塁打を予感すると、実況者の声や観客の歓声のボルテージに関して徐々に上がって行く所が面白いです。実況者は打者が打った瞬間においてはあまり声を大きく出さないが、観客席にボールが入る事を予感した時に興奮した実況をする事が気になりました。観客は打者の打ったボールが観客席に入った時に、テレビの前でも大きな歓声を聞けました。